2018年4月29日 下着の知識 全ての記事 商品紹介

バストをキープ。授乳中におすすめブラ

Processed with MOLDIV

授乳中のママさんのバストは、赤ちゃんにあげる母乳がたくさん作られているために激しく変化します。

バストは赤ちゃんに母乳を飲ませると萎み、まだ母乳をつくりパンパンに膨張する繰り返しです。

そして卒乳する頃にはハリのない垂れたバストになってしまっていた…なんて経験のあるママさんも多いのでは?

できることなら授乳しても垂れないバストをキープしたいですよね。

そこで今回は、「授乳中もバストキープするのにおすすめブラ」をご紹介したいと思います。

バストの変化で悩める妊婦さんママさん必見ですよ!

 

 

バストをキープするにはノンワイヤーの授乳ブラは良くない?!

underwear-689862_640

授乳のしやすさや楽さという部分ではノンワイヤーの授乳ブラは便利ですが、綺麗なバストをキープするうえではあまりお勧めできません。母乳でパンパンに大きくなった胸は重くなり下垂ぎみになります。ノンワイヤーの授乳ブラでは重くなった胸をしっかり持ち上げ支えることができないため、どんどんクーパー靭帯が伸びてしまい垂れてしまったり、重みを感じて肩こりになってしまいます。元々バストの大きいグラマーさんは特に負荷がかかりやすいので気を付けなければなりません。

また、ノンワイヤーの授乳ブラではバストを支えきれないことが原因でとても痛い乳腺炎になることもあるようです。【関連記事】【実体験】痛い乳腺炎がブラで治った!

ワイヤーありのブラは苦しいという方も多いですが、それはサイズが間違えていることが原因になっていることが多いです。サイズが合っていれば苦しく感じることはありませんし、逆にしっかりバストを持ち上げてくれるので快適になります。胸が大きく重くなる授乳期間こそバストサイズの合ったブラで支えることが、綺麗なバストをキープするためにとても大切なんです。

とはいえ、妊婦さんママさんにはワイヤーありブラをずっと着用するのは苦しいですよね。お家にいる時はノンワイヤー、外出中はワイヤーありなど、時と場所に合わせて使い分けてくださいね♪

 

 

授乳中バストキープするのにおすすめブラ

バストキープするのにおすすめのブラを、ノンワイヤーよワイヤーありでそれぞれご紹介します★

<ノンワイヤー>

苦しくないのにキレイが叶う“キセキのノンワイヤーブラ”。離れ乳も垂れたハの字バストもしっかり寄せる&谷間を作る4枚接ぎ構造。ワイヤーなしとは思えない美バストが叶います!「垂れそうで不安」とノンワイヤーを避けていた方も、アンダー部分の5重構造による抜群の安定感で、広がりがちな胸もすっきり。胸が大きくなっている妊婦さんママさんも安心して着用いただけます。

【HEAVENJapanのオフィシャルサイトはこちら】

 

<ワイヤーあり>

【Style Up TYPE(スタイルアップタイプ)】大きめバストさんにオススメ!スッキリ綺麗なバストシルエットをつくるブラ。 大きなバストをコンパクトに、きれなバストラインをつくるブラ。少し太めのストラップ・カップサイドが高め・サイドにボーンが入っているので、大きなバストもしっかり支えます。背中部分は食い込みにくい仕様。さらに、カップの裏の一部に伸びない素材を使用していて、バストの流れを防ぎます。

【FITTINのオフィシャルサイトはこちら】

 

あなたに合ったブラを見つけるならFITTIN!

オンライン上であなたの胸がどんなタイプか無料で診断し、豊富なランジェリーブランドの中からあなたの胸タイプに合ったブラを見つけだしてくれるFITTINの“オンラインフィッテイングサービス”で、あなたのお気に入りを見つけてくださいね

忙しい方も、スマホでたった30秒で無料登録&診断できるのでぜひ一度お試しあれ♪

▼FITTINについて詳しくみる▼

ブログバナー

▼FITTIN直営サロンのご予約はこちら▼

cf-201712-03-blog