2017年8月7日 下着の知識 全ての記事

産後・授乳後のバストの変化。

Beautiful young mother and her newborn baby at a big window in a

 

ママの体に多くの変化をもたらす妊娠や出産。特に、ママの産後悩みとして「バストの変化」をよく耳にします。もちろんこのバストの変化は“ママになった証”なので誇らしくあるべきですが、『綺麗なママでいたい…』という女性心としてはなかなか悩ましいところですよね。今回はそんな産後の悩めるママのために、バストの変化・バストケアについてご紹介したいと思います!

 

産後・授乳後バストはどのように変化するの?

two young female friends measuring results of diet - isolated on gray

バストは妊娠中~出産後にかけて大きくなり、出産後~授乳期にかけて徐々に小さくなります。このバストの変化は女性ホルモンによるもので、赤ちゃんの成長に合わせて必要か必要でないかママの体が判断しているんです。

いきなり大きくなったと思ったら小さくなったりとバストの変化は想像以上に急激なため、胸を支えている筋肉やクーパー靭帯はつていけず「バストの下垂」「バストラインの変形」を引き起こしてしまいます。

 

変化したバストのケアはどうしたらいいの?

すぐに始められるバストケアを3つご紹介したいと思います。産後悩みのバスト変化を解消できるようしっかりバストケアしましょう!

FullSizeRender-10

①保湿

産後のナイーブな胸をハリある胸に近づけるため保湿はとても大事です。胸を支えている皮膚にうるおいがないと、重さに耐えられず下垂していまいます。そうならないためにも、保湿クリームやオイルを胸全体にたっぷり塗りましょう。特にエアコンを多く使用する寒い冬や暑い夏は体が乾燥しやすいので、よく保湿することが大事ですよ!

 

②マッサージ

バストは脂肪ででいているため気を付けなければすぐに背中や脇に流れてしまいます。ただでさえ産後はバストの脂肪は減少して小さくなるため、マッサージをして脇や背中に流れた脂肪を胸に寄せてバストケアすることが重要です。

【マッサージ方法】

①中指と人差し指で鎖骨を挟み、バスト外側に向かってリンパを流します。

②背中と胸のお肉をバスト内側に収めるように流します。

③脇からバスト中心で寄せ集めるように流します。

④おへそからバストに向かって流します。

⑤バスト中心から脇に向かって円を描くように流します。

乳腺を傷つけないよう、とにかく優しくなでるようにマッサージするのがポイントです。

 

③バストサイズは合ったブラジャーをつける

大きくなったり小さくなったり変化の激しいバスト支え、なおかつ衝撃から守る役割をしているブラジャー。間違えたサイズを着用しないとバストに負担をかけ下垂してしまいます。ブラジャーはサイズごとに支えられる大きさ・重さを考え抜かれて作られているので、きちんとサイズ計測をして自分に合ったブラを着用しなければ意味がありません。ブラジャーは毎日の生活で胸を守っている大切な物、少しでも胸の悩みを感じる人はこの機会にブラサイズをきちんと見直してみましょう!

とはいっても、仕事や家庭で忙しいママにとって店頭でサイズ計測してもらったり自分に合ったブラを探すことはなかなか難しいですよね…。そんなママにもおすすめなのがFITTINの“オンラインフィッテイングサービス”。直接お店に行かなくても、オンライン上で自分ピッタリのブラを見つけることができます。無料登録&診断できるのでぜひ一度お試しください!

 

あなたのバストサイズに合ったのブラが見つかるFITTINの“オンラインフィッテイングサービス”

今回は、産後・授乳後のバストの変化についてご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?あなたのバストサイズに本当に合ったブラを見つけて、もっとHAPPYな子育てライフを過ごしてくださいね!

FITTINの“オンラインフィッテイングサービス”は、オンライン上であなたの胸がどんなタイプか無料で診断でき、豊富なランジェリーブランドの中からあなたの胸タイプに合ったブラを見つけだしてくれます!登録も簡単にできるので、この機会にぜひお試しください♪

▼早速FITTINでブラをみてみる☆

ブログバナー