2017年8月7日 下着の知識 全ての記事

ブラトップのメリットとデメリット。

8FullSizeRender

 

皆さんはブラトップ使っていますか?

『ブラジャーと違って締め付け感が強くないのでずっと快適!』

『ワイヤーの食い込みがなく痛くならない!』

『下着ライン、脇・背中のハミ肉が見えない!』

というブラトップは手放せない女性の声をよく耳にします。周りで着用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、ブラトップには便利というメリットだけでなく、知っておかないと危ないデメリットもあるってご存じでしたか?

今回はこの『ブラトップ』のメリットとデメリットについてしっかりご紹介したいと思います。

 

ブラトップってなに?

Processed with MOLDIV

『ブラトップ』とは、カップ付きのインナー、カップ付きキャミソール、ことをいいます。ノンワイヤーで締め付け感がないのが特徴的です。

特にカップ付きのインナー・カップ付きキャミソールは見えても大丈夫なデザインなので、下着としてだけでなく1枚で着ることができるという便利さが、多くの女性から人気を集めています。

 

ブラトップのメリット~とにかく着心地が良い!~

●着心地が良い

ノンワイヤーで締め付け感がなく楽、というのがブラトップを選ぶ女性が答える一番の理由です。長時間つけると圧迫感や肩こりに悩むワイヤーありのブラジャーと比べると、ノンワイヤーのブラトップは疲れにくく快適のようです。

●脇や背中のハミ肉、下着のラインが響かない

ブラトップは柔らかいカップと伸縮性の高いパワーネットで全体的に胸をサポートする作りになっているので、ブラジャーでよく悩む「脇や背中がハミ肉」・「下着のライン」も気になりません。

●肌荒れしない

敏感肌の人や汗っかきの人は、しっかり密着するブラジャーだと肌がかゆくなったりしますよね。その点でブラトップは軽い着け心地になっているので肌荒れしにくくなっています。

●洗濯などのお手入れが簡単

手洗いやネット入れなければならないブラジャーに比べ、ブラトップはノンワイヤーなので普通に洗っても型崩れしにくくお手入れが楽です。

ブラトップのデメリット~胸が垂れてしまう!?~

●胸が垂れてしまう

胸が垂れる原因は年齢もありますが、最も大きな原因は胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまうことから起きます。締め付け感がないブラトップは、胸のホールド力に関しては弱いため着用し続けると胸が下垂する原因になってしまいます。胸が大きい程重さで垂れやすいので、グラマーバストさんがブラトップを使用するのは危険かもしれません。

●バストの形が崩れる

ブラトップのカップサイズはとても大まかになっています。そのため、正しい自分のバストサイズに合っておらず胸の形が崩れてしまう原因になります。形のキレイな胸を維持したい方ブラトップはおすすめしません。

●胸の肉が脇や背中に流れてしまう

ブラトップには、脇や背中に胸が流れないよう抑える役割をしているワイヤーやサイド生地がありません。カップは柔らかく、伸縮性が高い生地でできています。ほぼ脂肪でできている胸は自然と脇や背中に流れてしまいます。

快適ブラを見つけるならFITTINフィッティン!

今回はこの『ブラトップ』のメリットとデメリットについてご紹介しましたがいかがでしたか?快適だと思っていたブラトップにも胸が垂れるというデメリットもあるんです。ストレスフリーで綺麗な胸を保てるよう、ブラジャーとブラトップを上手に使い分けてくださいね♪

FITTINの“オンラインフィッテイングサービス”、オンライン上であなたの胸がどんなタイプか無料で診断でき、豊富なランジェリーブランドの中からあなたの胸タイプに合ったブラを見つけだしてくれます!

あなたバストサイズに合った快適ブラにきっと出会えるはずです。登録も簡単にできるのでこの機会にぜひお試しください★

【早速FITTINフィッティンをみてみる】

ブログバナー