下着の知識〜KNOWLEDGE OF UNDERWARE

FittinFittin公式サイトへ

敏感肌さん必見!肌に優しい下着の選び方☆

 

22FullSizeRender

季節の変わり目や空気が乾燥している時期に肌がヒリヒリ、ムズムズする、痒くなる・・・なんてことはありませんか?実は、日本人の3分の1は敏感肌と言われています。体質的に元から敏感肌である場合もありますが、最近では食生活やストレスの影響で敏感肌になってしまう場合も多いようです。そこで今回は、敏感肌の方が下着を選ぶ時のポイントを5つご紹介します。買うときにチェックするべきことを知り、快適でかわいい下着をゲットしてしましょう♡

ポイント1 「身体の変化を知る」

11FullSizeRender

女性の身体は毎日少しずつ変化しています。より良い下着選びは、まず自分の身体の状態を知ることです。例えば年齢別に考えてみると、思春期の女性はどんどんと身体が女性らしくなっていきます。そのため、下着のサイズは順次変えていくことが重要です。身体に合っていないものを着用していると、発育を妨げてしまうこともあるので気をつけましょう。

次に、妊娠中の女性です。赤ちゃんが大きくなるほどに、お母さんのウエストやバスト、ヒップも大きくなっていきます。妊娠中はゆったりと着れるものを選び、出産後は補正下着でボディラインを整えると良いでしょう。

b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s

思春期と妊娠中以外にも、女性は下着選びが変わるタイミングがあります。35歳前後、中年期と呼ばれる年齢です。だんだんとバストやヒップが垂れ始めて、皮下脂肪が増えきます。食生活に気を配ればボディラインを維持することもできるので、35歳前後は特に気をつけましょう。補正下着などを時折着つつ、体に負担の少ない下着選びを心がけてくださいね。

年齢に関わらず、女性の身体のサイズは3か月に1回採寸することをオススメします。「そんな早いスパンで!?」と思う方が多いかもしれませんが、ボディラインは刻々と変化するものなのです。例え3か月前よりヒップやウエストのサイズが大きくなっていても、意地を張らずに無理なく着れるものを選んでください。小さすぎる下着を着ていると、締め付けで身体にストレスを与えてしまいます。心身ともに健康でいるためにも、より快適に楽に着れるものを選びましょう。

https://fittin.jp/media/2016/06/%e3%80%90%e6%82%a9%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e3%80%91%e3%81%8a%e5%ba%97%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e8%a8%88%e6%b8%ac%e3%81%8c%e6%81%a5%e3%81%9a%e3%81%8b/

ポイント2 「素材にこだわる」

01 27

下着は肌に直接触れるものだからこそ、敏感肌の方には特に素材にこだわって下着選びをされることをおすすめします。なるべく生体親和性の高いものが良いでしょう。生体親和性とは、自分の肌と成分が近いものを指します。ポリエステルやナイロンは化学繊維なので肌が過剰に反応してしまい、その結果赤みやかゆみの症状が出てしまうのです。敏感肌には、綿100%やコットンが相性が良いでしょう。

ポイント3 「通気性・保温性をチェック」

下着を選ぶ時、絶対に確認して欲しいのが通気性と保温性です。夏はムレやすいので、綿やシルクの下着を着用すると良いでしょう。特に綿は吸収率が高いので、汗をかいてしまっても安心です。冬は、身体を暖かく保てるものを選びましょう。冷えや乾燥は肌の天敵です!春夏秋冬、その日の温度に合わせてフレキシブルに下着を変えてくださいね。

ポイント4 「刺激の少ないつくり」

02 13

意外と見落としがちなのが、下着のタグや縫い目の部分。少しの違和感も敏感肌にとっては大敵です。着用した時にチクチクしたり、ザラザラしないものを選びましょう。縫い目がない縫製をされているものが一番安心です。よく下着に使われているレースやリボンもあしらわれている場所によっては肌を刺激してしまうこともあるので、注意してくださいね。最近はシルケット加工で肌触りをなめらかにした下着も出てきています。外側のデザインはかわいさやセクシーさを、内側のデザインは肌心地の良さを重視しましょう。

ポイント5 「自分の体に合うサイズを着用」

バストがカップに収まりきっていなかったり、下向きになってしまっている場合はブラジャーが合っていない可能性が高いです。バストの形や大きさによって、ちょうど良いワイヤーの入り方やカップの大きさが異なります。バストのラインを維持できるよう、アンダー部分の安定感には特にこだわってみてくださいね。ショーツについても、ウエストにくっきり跡がついてしまったり、ヒップが包み込めていないものはNGです。ウエストもヒップもしっかりさサポートしてくれるものを選びましょう。小さすぎる下着や大きすぎる下着は、ボディラインの崩れに繋がってしまいます。

いかがでしたでしょうか?今回は敏感肌に悩む女性のために、下着選びの5つのポイントをご紹介しました。自分の身体の変化に敏感になり、体に合ったサイズをつけることが重要です。敏感肌の方は是非、ご紹介した5つのポイントを参考に、下着選びをしてみてくださいね♪

Page Top