2016年11月4日 下着の知識 全ての記事 未分類

上手な下着選びとココナッツオイルが冷え性さんを救う!?

肩こりや腰痛、頭痛など体の不調を引き起こし、シミができやすくなったりとお肌のトラブルの原因にもなる「冷え」。寒い季節になると、女性の多くが悩まされています。近年はエアコンやクーラーによって夏でも冷えに悩まされるという方も多いのですが、実はこの冷え、放っておくととっても怖いのです!東洋医学では、冷えは病気になる前の段階、すなわち未病の一つと考えられており、特に女性は子宮の冷えなどによって月経痛、不妊症などの婦人科疾患を引き起こす要因にも。冷え性さんは放っておかず、ちょっとした食事や下着の見直しで対策していきましょう。

FITTYブログ

(参照元:http://weheartit.com)

冷え性の原因は?

冷え性の原因は冷たい飲み物や体を冷やす食べ物を摂取しすぎること、薄着ファッションで気温の変化に合わせて着るものを調整できていないこと、入浴時間が少ないことなど様々です。また、それ以外にも生活の中にたくさん冷えを起こすワナが潜んでいます。冷えが起こると、体は血管を収縮させて血流の流れを減少させようとします。手足などの体の末端が冷たくなる「末端冷え性」も、熱を逃がさないように血管が収縮することで起こるのです。これにより、全身の血流が滞り体の中に冷えを起こします。血液は体に栄養や酸素を運ぶ大切な役割を担っていますから、体中に血液が十分行き渡らず、二酸化炭素や老廃物が体の中にたまってしまって体の不調を起こす原因になるのです。本来、人は筋肉の収縮により熱を作り出し体をあたためますが、運動不足によって筋力が低下してしまっている人が多いのが現状です。よって冷え性さんは適度な運動を日頃から心がける必要があります。

食生活を改善しよう!

冷えの改善は運動することで筋肉量を増やすことも効果的ですが、普段の食生活(体の内側の対策)、や服装(体の外側の対策)が大きく影響してきます。冷蔵庫で冷やした飲み物を常に飲むのではなく、温かい飲み物を中心に飲むようにしましょう。起床時や寝る前の白湯や生姜湯は内臓をあたためてデトックス効果があり美容にもダイエットにも効果的です。漢方も取り入れるのも良いでしょう。食べ物に関しては、できるだけトマトやキュウリなどの夏野菜、うなぎ、あさりなどの体を冷やす食材は避け、かぼちゃ、小松菜、人参、いわし、鮭などの体をあたためる食材を選ぶとより効果的です。また、喫煙は血流を悪くしますので、たばこはやめられなくても、控えるようにしましょう。

ココナッツオイルが話題?!

アンチエイジングやダイエットに効果があり、人気モデルの美容法として話題になったココナッツオイル。実は「体を冷やす効果がある」、とされているココナッツオイルですが、「食事にココナッツオイルを取り入れることによって、なんと75%の人が冷え性が改善した」というリサーチ結果があるそうです。ココナッツオイルには冷えの原因の一つとなる女性ホルモンと自律神経の乱れの改善に役立つと言われています。また、ビタミンEと中鎖脂肪酸の相乗効果で、血行が良くなり、代謝がアップするとも言われているので確かに効果が期待できそうですね。ただ、あくまでも油ですので摂りすぎはよくありません。何事もバランスが大切です。

cocooil

(参照元:http://weheartit.com)

冷え性さんの下着選び

食べ物だけではありません。特に寒い季節は体をできるだけ冷やさない服装を心がけましょう。直接肌に触れる下着は、特に対策をしてください。また、リンパの集まるお腹や腰周り、手首や足首を温めると良いでしょう。

最近では薄くても温かいインナーや保温・保湿効果の高い下着が開発されていて、着ぶくれなどのファッションの邪魔にならないので便利です。おしゃれな「ババシャツ」や腹巻と一体型のショーツなど、下着も進化しています。ただ、素材はできれば綿やシルク、羊毛、アクリル、遠赤外線素材などをおすすめします。化学繊維は熱伝導率が低く、保湿性が高いにも関わらず吸湿性が低いのでムレても汗を吸いません。汗は冷えの原因になるので天然素材の素材を選びましょう。毛糸のパンツ、腹巻きも冷え性改善にとっても効果的。また、腹巻には内臓まわりの基礎代謝をアップすることで、ダイエット効果も!?

【関連記事】冷え改善♡腹巻きにはダイエット効果があった!?

体の内側、外側からしっかり冷え性対策を!

いかがでしたか?放っておくと怖い冷え。普段の生活の中にも、できることは沢山あります。完璧に対策することはストレスになりますが、普段から少し意識するだけでも体はこたえてくれます。気温にあわせて、自分の体型に合うインナーや下着を身につけることからはじめてみませんか。

ブログバナー